戦略論

""

1 序論

1.1 最初に

「主に投資で生計を立ててきました」。対面でこういうと、色々な反応が返ってきます。専業の経験がある方はよくご存知かと思いますが、その多くはあまり好意的な反応ではありません。 しかし、中には関心を示してく ...

1 序論

1.2 ファンダメンタル分析・テクニカル分析より重要なこと

前節のような質問をされた方が実際にトレードをはじめると、更に踏み込んだ質問をしてきます。曰く「マザーズで良さそうな銘柄を教えてください」「ボリンジャーバンドを使っているのですが、問題ないですか」。こう ...

""

1 序論

1.3 「戦略」の意義

「戦略」とは、マーケットから継続的に富を獲得していくための必要条件であると前節で述べました。しかしこれは機能面での説明にとどまり、これだけでは全体像の具体的なイメージが掴みにくいと思います。イメージが ...

1 序論

1.4 目標設定

ORTHRUS STRATEGYでは、デイトレードを中心とする短期売買によって、数十万の原資から数百~一千万超の年次利益を生み出す戦略・戦術について詳述しています。 まず、数百万~一千万超と利益額に大 ...

""

2 自己分析

2.1 投資は才能か?

近年のDNA解析の進展に伴い、作曲や学問やスポーツについては、従来考えられていた以上に生まれついての資質が重要であることが証明されつつあります。これらは遺伝的形質、すなわち親がその分野で優秀であれば子 ...

v

2 自己分析

2.2 最初にすべきは自己分析

投資の実績が学問的な才能と一定の関連性をもつことは、多言を要さないと思います。状況を分析し相関・因果関係を理解しある法則性を見出しなんからかの仮説を建てて売買に移し実証していく過程には、学問のそれと共 ...

""

2 自己分析

2.3 主観を知に変換する

では、「己を知る」とは具体的にどのようにすればよいのか。 西洋に端を発する近代合理主義に基づく教育体系を受けてきた我々は、一般に「主観」を知力とは別のものと考えます。純粋に客観的であり論理的であるもの ...

""

3 利小損大

3.1 基本方針としての利小損大

私が日々のトレードを媒介として掴んだ個性の一つは、自分には利小損大の戦略の方が合っていることでした。そして、これが私のトレード戦略を考える上での出発点となります。 御存知の通り、一般にトレードにおいて ...

""

3 利小損大

3.2 利小損大の本質的意義

「利小損大」を基本戦略として採用する以上、その意義を一歩踏み込んで解説したいと思います。まず注意すべきなのは、「ポジションを取り含み損・含み益が発生した場合に、小さい利益でもすぐに利益確定する一方で含 ...

3 利小損大

3.3 利小損大の戦略的優位性

利小損大という通説に反する戦略をとる以上、その優位性についてより詳細に述べておきたいと思います。もちろん、トレードスタイルや各人の個性・才能により、この論点は様々な結論が導き出せると思います。ただ大事 ...

Copyright© ORTHRUS STRATEGY , 2020 All Rights Reserved.