1 序論

1.4 目標設定

ORTHRUS STRATEGYでは、デイトレードを中心とする短期売買によって、数十万の原資から数百~一千万超の年次利益を生み出す戦略・戦術について詳述しています。

まず、数百万~一千万超と利益額に大きな幅をたせた意味について解説します。そもそも「利益」とはなんでしょうか。デイトレードにおける年次の利益とは、ある特別な閃きの結果ではなく、それぞれの相場のコンテキストの中で戦略と戦術を的確に運用し最も賢明な判断を下していくという動的プロセスの積み重ねの結果として存在します。つまり、私がORTHRUS STRATEGYで記述する戦略・戦術を用いて一つ一つのトレードにより獲得できた利益の総体が年間でおよそこの範囲であったということで、最初に定量的に数値目標としたものではありません。これは利益の本質を考える上で、非常に大切な点です。利益とはプロセスの結果としての現象です。従って、最初に目標額を設定すべきではありません。単純な数値目標額は、害悪に繋がる可能性すらあります。いうまでもなく、マーケットの動きとトレーダー個人の思惑との間に因果はありません。年度により難易度は異なりますし、相性もあります。にもかかわらず定量的な目標数値に引きずられては、畢竟、無理な売買へとつながっていきます。自分のトレードの成功失敗は、単純な損益だけでなく、その戦略スキームの理論的整合性や実行の正確さで図らなくてはなりません。損益に一喜一憂するのではなく、一つ一つの取引を高質なものとすることに意識を集中しましょう。

次に、原資を数十万に抑える意味について説明します。一つには原資を小さく抑えること自体が大きなリスクヘッジとしての意味をもちます。そして実際のトレードにおける具体的意義として、ここから一千万超の原資の取引に関しては売買の板の厚さを考慮する必要がほとんどないことが大きな意味をもちます。これにより、あらゆるマーケットのあらゆる状況において機動的に売買できます。そのため、利益獲得の機会が、ある特定の状況が発生するか否かという偶発的な事情に依存しなくなります。難易度が大きく下がり、再現性も極めて高くなるのです。

この目標を達成するには、中長期投資ではなく、デイトレードを中心とする短期決戦の積み重ねが最も有効であると考えます。その具体的詳細について、2章以下で述べていきたいと思います。

なお、この年次損益は、人によっては少しつまらない目標に映るかもしれません。正直に申し上げると、今の私自身が少し不満を感じています。しかし、現在の自分が得た、訓練の底に残った一掴みの砂金をひとまずは大切にしたいと思います。

Copyright© ORTHRUS STRATEGY , 2020 All Rights Reserved.