3 利小損大

3.3 利小損大の戦略的優位性

利小損大という通説に反する戦略をとる以上、その優位性についてより詳細に述べておきたいと思います。もちろん、トレードスタイルや各人の個性・才能により、この論点は様々な結論が導き出せると思います。ただ大事なのは、通説と異なる見解でも自分に適した戦略を一貫性をもって構築することです。

利大損小は、多数の取引では小さな損失をだす一方、少数の取引では大きな利益を獲得することで、最終的な収支を正とする取引方針を前提とします。それに対し利小損大は、少数の取引では大きな損失をだしつつも、多数の取引では小さな利益を確定させ、最終的な収支を正とする取引方針を前提とします。この両者は、確率論における期待値は同じです。

期待値が同じであるにも関わらず、なぜ利大損小が良いとするのが通説かというと、一般にプロスペクト理論をその根拠とします。すなわち、人間は損失の発生そのものを回避する傾向があるため、損切りが非合理的なまでに遅くなってしまう傾向があり、それゆえに最終的な収益がマイナスに収束してしまうというものです。

これは価額が大きい含み損を決済する際の心理的抵抗を考えると、一見腑に落ちやすい説明です。確かに、一回の取引に限定して考えれば、価額の小さい含み損の損切りは心理的抵抗が小さく合理的な価額で決済しやすいと思います。しかし、プロスペクト理論が示すように、人間はその額が小さくとも損失の発生自体を嫌う心理的傾向があります。利大損小にしても、少額であれ損失が発生することに変わりはありません。損切りの回数が重なれば重なるほど、大きな心理的負荷が積み重なっていきます。少しずつ減りゆく原資を眺めながら、本当に「利大」を実現できるのかという疑心の中でエントリーを検討することは、認知の歪みを生みだしやすいのです。その歪みは、基本からかけ離れたポジションサイズをとることやエントリーすべきでない場面でポジションをとるといった行動へ具現化します。その結果として大きな価額の含み損を抱えることになった場合、利大損小のモデルからは適切な損切りのポイントが明確化できません。そもそも「損大」それ自体が、利大損小の戦略モデルから逸脱したものである故、一定額以上の損切りは如何なる時点で決済しようが失敗であり、収益を上げる構造が崩壊したものと評価されます。

それに対し、利小損大のモデルの場合、小さな利益を獲得していくことで着実に増える原資を眺めるつつトレードの参入を伺うことができます。この心理的平衡を保つことができる事実は、そもそも損切りの可能性を生じうるような愚かなポジションを持たない点において極めて有利に働きます。また、含み損を決済するにしても、事前に典型モデルとして組み込んでいるため、その発生額を事前に想定しうる範囲に留めることは容易です。もっとも単純なモデル化は、それまでの小さい利益の積み重ねの総額の範囲内に損失を留めることでしょう。

そもそも、全てのトレードを利益確定で終えることは一年間を通じたデイトレードでは絶対にありえません。大なり小なり損切りをしなければならない場面は必ず訪れます。いずれにせよ損失の発生自体を回避するという人間の自然な傾向に逆らう場面は生じるのです。とすれば、利益確定をいかに合理的にするかを軸とする利大損小のモデルよりも、損切りをいかに合理的にするかを基軸とする利小損大のモデルの方が、デイトレードにおいては着実なリターンを見込めると考えます。

この利大損小の戦略をとった場合に、利益確定の合理性が必要となる点についてもう少し敷衍して説明します。利大損小の場合、数多くの損失を上回るだけの合理的かつ十分な利益確定が求められます。しかし、この大きく利幅をとるというのは、デイトレードにおいては中長期のトレードスタイルと比較して難しいのです。というのは、一般的に大きな上昇は極めて短時間のうちに起こる傾向があり、しばしば事前には予測しがたい突発的な要因において生じるからです。リアルタイムで急激な上昇を観測したとしても、それが本当に根拠のあるものでありそのままロングをホールドしてもよいものか裏付けがとれるには通常タイムラグが生じます。その上昇の時点で先の大幅な上げを裏付ける根拠をリアルタイムで知ることができる取引はそう多くありません。このような大幅な上げをとらえることは、中長期投資であれば比較的容易です。つまり、利大損小は、バフェットに従い現物を超長期的視点でバイアンドホールドする戦略とは相性がいいと思います。しかし、短期に決するデイトレードにおいては、利小損大の方に戦略的優位性があると思います。そして中長期投資は、その名の通り短い時間で大幅な資産の増加を目的とするものではありません。数十万の原資を一年のうちに増やそうとするならば、利小損大の戦略モデルの方が優位性は高いと考えます。

ここで原資の額とデイトレードとの関係性について言及しておきたいと思います。利小損大を基本戦略とするデイトレードは、数十万の原資を年次で数百~一千万超にするという目的においては優位性の高い戦略といえます。なぜなら、数十万~一千万の原資の間では、ほとんど板の厚さを考える必要がないという大きなメリットがあるからです。新興株にせよ暗号資産にせよ、流動性が高く板の薄いマーケットでは、数千万単位の取引は注文にせよ決済にせよ、価格に与える影響が大きいため取引できる場面や銘柄が限定されるのに対し、この原資の額での取引は、それらをほとんど考慮に入れる必要がなく、ほぼ全ての新興株・暗号資産に即座に参入しまた迅速に利益を確定することが可能です。ORTHRUS STRATEGYが提案する少ない原資を一年単位で大きく増やしそれを毎年地道に積み重ねていくという目的に適合するのです。

もちろん、多数の取引で大なる利益を出し少数の取引で小さな損失に済ませられればそれが一番良いのはいうまでもありません。しかし、それは利小損大か利大損小かの選択の問題と直接関係ないことに注意していただきたいのです。そういった取引ができるかは値動きを予測する戦術的能力の問題であって、全く同じ能力の人間が全く同じ回数の取引をした場合、利大損小モデルと利小損大モデルとの期待値は同じです。期待値は同じなわけですから、デイトレードでは難しい適切な利益確定を基軸とする利大損小よりも、適切な損切りを中心におく考え方である利小損大の方が相性が良いと考えます。

一般的な教書は、王道ともいうべき中長期投資を前提とした記事がほとんどです。したがってデイトレーダーは、教書に従うだけでは、中長期投資における戦略モデルとデイトレードにおける戦略モデルが混在してしまい全体の統合性を失う可能性があります。トレード戦略は、その原資と目標価額にしたがって適切に選択されるべきものです。繰り返しとなりますが、私はこれが全てのケースで万人に当てはまる最上の戦略だと主張しているわけではありません。ここで主張したいことは、各人のトレードスタイルや個性・才能の違いに基づき、それぞれに合った戦略を見つけ出すことの重要性です。通説と見解を異にすることを恐れず基本戦略を選択し、その基本戦略と全体の売買方針との統合性を追求すべきです。それができれば、その戦略が如何なるものであれ、多くの個人投資家はマーケットから継続的に利益を回収できると考えます。

Copyright© ORTHRUS STRATEGY , 2020 All Rights Reserved.