4 損切り

""

4 損切り

4.1 深層意識との戦い

「次こそはちゃんと損切りしよう」。単に決心を新たにするだけでは、この台詞を呟いた記録を更新するだけです。適切な損切りができるかは、継続的に再現性をもって資産を増やしていくに際して最重要となる能力であり ...

""

4 損切り

4.2 明確で具体的であること

損切りの実行を決意するためには、明確で具体的な基準が必須です。例として、あるポジションを取ったがチャートが逆行してしまった場合を考えてみましょう。自分の玉がロングであるのに対し、現在の価格は建値を下回 ...

""

4 損切り

4.3 各時間足への意味付け

この節では、必要性の観点からみた損切りの局面をモデル化します。損切りが必要な場面とは、チャートの動きから考えて、建値に戻ることが難しいか若しくは相当な時間的損失が出る可能性が高まった局面です。 なお、 ...

""

4 損切り

4.4 10分足基準でエントリーする意義

前節における損切モデルにおいては、最終的に10分足のトレンドに基づきエントリーしています。ここで10分足を最も基本のモデルとする理由をもう少し詳しく敷衍します。 一般に、ある時間足のチャートを解釈する ...

4 損切り

4.5 損切りの短期典型モデル

次に、ロスカットラインの典型モデルが必要となります。まず、比較的短い時間軸を前提とする短期典型モデルについて詳述します。 <短期典型モデル> 順張りの場合は、当日を含む直前3日足の安値更新をロスカット ...

4 損切り

4.6 損切りの長期典型モデル

次に長期典型モデルについて述べます。トレンドラインを用いる性質上、サポート付近でロング、レジスタンス付近でショートを取ることが前提です。 日足のトレンドライン及び並行チャネルを引きトレンドを判断し、1 ...

""

4 損切り

4.7 損失の許容絶対額

損切においてもう一つ問題になるのは、許容性の観点、すなわち一回のトレードにおいて発生する損失の限度額です。10分足モデルにおいては3日足レベルのサポートを1日足の終値で割った場合と設定しますが、実際に ...

4 損切り

4.8 エントリー ~損切りモデルからの逆算

繰り返し述べているように、利小損大は、損切りを基軸とする戦略です。損切りを中心に据えるということは、エントリーの問題も損切りから逆算して検討することになります。実際のトレードの時間的経過は、先にエント ...

""

4 損切り

4.9 典型モデルを構築する意味

典型モデルを構築する意義について、誤解がないようにもう一度確認しておきます。繰り返しとなりますが、マーケットは不完全情報の場である以上、如何なる場面でも如何なる人に対しても有効に作用する絶対的真理を示 ...

Copyright© ORTHRUS STRATEGY , 2020 All Rights Reserved.