1 序論

1.2 ファンダメンタル分析・テクニカル分析より重要なこと

前節のような質問をされた方が実際にトレードをはじめると、更に踏み込んだ質問をしてきます。曰く「マザーズで良さそうな銘柄を教えてください」「ボリンジャーバンドを使っているのですが、問題ないですか」。こういった質問をされる方は、ファンダメンタル分析やテクニカル分析を通じた未来予想を聞きたいのだと思います。さらに言えば、具体的で簡潔で分かりやすい見通しや売買手法を知りたいのでしょう。ファンダメンタル・テクニカルと値動きとの間に、直接的な因果関係とまではいわずとも何らかの相関関係が存在し、その関係性を発見することがトレードに勝つための必要充分条件だとする考えです。

こういった方々は、必ずしも楽をしようという人ばかりではありません。中には驚くほどの熱意をもって貸借対照表や損益計算書を分析していた方もおりましたし、また、様々なテクニカル指数に対する深い高等数学の理解がある方もいました。しかし、そういった方々の生涯収支がマイナスであることは珍しくありません。

ここで私はある主張をします。ファンダメンタル分析やテクニカル分析は、確かに有用ではあります。しかし、これらはマーケットから利益を上げる効率性を高めはしますが、トレードの最終的な収支が正で終わるか負で終わるかには、殆ど関係がないと考えています。

「いや、そんなことはない。現に高名な投資家もファンダメンタルやテクニカルで売買しているじゃないか」と具体例を挙げて反駁することは容易です。バフェットはファンダメンタル分析に基づく長期投資で莫大な財を築きましたし、ジム・ロジャーズも罫線屋に金持ちはいないと喝破します。その一方、個人投資家で大成功を収めた方々は、B.N.F.氏を初めテクニカル分析を基軸におく方が多く見られます。そして、彼らのマーケットに対する予測は、時にニュースとして大きく取り上げられ、相場に影響を与えることすらあります。とすれば、やはり投資とはファンダメンタル分析かテクニカル分析か、若しくはその両者の折衷的分析により、未来を予測することではないかと思われるかもしれません。

しかし、それでもなお、ファンダメンタル分析とテクニカル分析は収益の効率性に影響を与えるにすぎず、利益を継続的に獲得していくための大前提となるものが別に存在すると考えます。ではなぜこのことを大きく取り上げた教書があまり世の中に見当たらないのかというと、以下の理由によると思います。

まず、類稀なる投資の才を備えた方にとっては当たり前のことで意識的に思考したことすらないケースがあると思います。あるいは多くのトレードを通じて感覚的に自然と身に着けたのかもしれません。何より、この大前提となる存在は、当人の持つ才能や個性により中身が大きく異なりうるために一般化・普遍化しづらい性質があると考えます。それゆえに、一般のトレーディング教書で、このことに深く言及しているものは少ないのだと思います。

この利益獲得の大前提となる存在、換言すると、マーケットから継続的に富を獲得していくための必要条件、それをここでは「戦略」と定義します。そして、必要条件を充たした上でより効率的に収益を上げるための思考を「戦術」と定義します。

ORTHRUS STRATEGYでは、この「戦略」を中心に論じます。繰り返しとなりますが、この戦略の中身は、原資の程度、目標とする収益の率と価額、それを実現するための期間によって、それぞれ異なってくると思います。当人の才能や個性といった属人的要因に強く影響を受けるからです。それでもなお一般化を試みるならば、認知の歪みをなくすという言葉に集約できると思います。常に冷静で合理的な判断力のもとでトレードを行うということです。

これは一見当たり前のように感じられ、拍子抜けするかもしれません。しかし、極一部の例外的人物を除き、ただ「冷静で合理的な判断をしよう」と思うだけでは、冷静で合理的な判断を下す人間にはなれません。思うだけでは「そうなったらいいなあ」という願望を述べているだけに過ぎず、何ら解決の手段を提供してはいないからです。解決のためには、合理性な判断を常に下せる典型モデルを構築する必要があります。2章以下では、この典型モデル構築の具体的手順について詳述していきます。

Copyright© ORTHRUS STRATEGY , 2020 All Rights Reserved.