戦術論

""

1 戦術総論

基本的戦術

戦略論の損切りの節で既に述べたように、最も基本となる典型モデルは以下となります。 ○月足・週足 = 章目となる高値・安値、トレンドラインの上限・下限を確認 ○3日足    = トレンド判断 ○1時間足 ...

""

2 為替 4 暗号資産

トライアングルからトレンド発生→最初の調整→最初の移動平均線への接触

シンメトリカルのトライアングル、いわゆる三角保合いがアペックス(頂点)付近にまで到着し、二辺のいずれかがブレイクされた場合における戦術を解説します。これは殆どのマーケットにおいて非常に頻繁に現れる形で ...

""

3 株式

強烈なトレンド発生時にストップ高付近の株を買い、翌日の寄り付きで売り

この戦術は株式マーケット全体の地合いが良い場合に限定されますが、上場一部銘柄を漠然とホールドするより遥かに短期間で利潤を上げられる極めて有効な戦術です。市場全体の出来高が高いときには更に有効可能性が高 ...

3 株式

特定のセクターへの資金の集中が観測される場面にて、時価総額の低い銘柄を狙う

株式においては、セクターごとの資金移動を観察することが重要です。一言で「株式市場が上昇トレンドにある」といっても、トピックスやジャスダック・マザーズ指数の全てが均一の強さであることは稀です。大体の場合 ...

Copyright© ORTHRUS STRATEGY , 2020 All Rights Reserved.