""

4 損切り

4.2 明確で具体的であること

損切りの実行を決意するためには、明確で具体的な基準が必須です。例として、あるポジションを取ったがチャートが逆行してしまった場合を考えてみましょう。自分の玉がロングであるのに対し、現在の価格は建値を下回っていたとします。仮にトレンドに逆らっているすれば、救出の可能性はより小さくなってしまいますから、的確なトレンドの判断が問題となります。

しかし、それぞれの時間足チャートやインジケーターは、異なるトレンドサインを示すのが通常です。全ての時間足とインジケーターとで同一のトレンドを示すことは極めて稀です。前節の繰り返しとなりますが、このような場合に損切りに際して明確な基準を持っていなければ、自分がみたいと思っている情報を無意識に取捨選択してしまう確証バイアスに簡単に陥ります。確証バイアスは無意識に陥るものですから、その概念を知悉しているからといって避けられるものではありません。それゆえに、すなわちポジションを取る前に決済するルールを決めておく必要があります。ここは極めて重要な点です。知識として確証バイアスや保有効果といった行動経済学の概念を知っているからといって、これを避けることはできないということです。それゆえに、ポジションをとる前の段階で、具体的かつ明確な基準を定めておかなくてはなりません。

では、基準を定めるとはどういうことでしょうか。通常の利大損小の戦略をとる場合には、たとえば原資本のうち-3%になった場合に損切りするといった極めて単純化されたルールの下で機械的にそれを実行していくという形でも最低限のリスクヘッジは機能します。しかしながら、小さい利益を確実に積み重ねていく「利小損大」でこのような単純なルールでは、必ず破綻が生じます。重ねて強調しますが、利小損大の戦略をとる場合には、大部分のトレードではその利は小さくとも勝たなくてはなりません。また一定程度のボラティリティがある相場環境のもとでは、数パーセントの含み損が一夜明けてみると含み益に転じていたなどというケースは珍しいものではありません。このような事態が繰り返し起きると、やがてルール自体に対する疑心が生じます。疑心は認知を歪ませ、そう遠くないうちに、ルールを守ること自体なくなるか、もしくは設定したラインにまで値が近づいてきたとき簡単にルールを破ってしまうでしょう。それゆえに、損切りの基準は、現実の値動きを注意深く観察し、その時々に応じた個別的な基準を帰納法的にその都度見つける必要があるのです。マーケットにおいて有効に機能するのは演繹的思考ではありません。帰納的思考でその場に応じた知を作り出す作業が不可欠です。

では、どのようにその基準を作り出すのか。そのために何よりも重要なことは、判断材料となるものに優先順位をつけることです。そして判断は、優先順位が一番高いものから取り組んでいきます。なぜ決断ができないのか。それは判断の基準となる要素をいくら多く理解していても、それらの相互の関係性、すなわち優先順位が明確化されていないからです。一つ一つの論点に深い理解があっても、それらの相関性と軽重とを理解しておかなければなりません。逆にいうと、これができれば、もはや致命的に損切りが遅れるということはなくなるでしょう。

次稿では、具体的に損切りの基準を作り出す一例を詳説します。

Copyright© ORTHRUS STRATEGY , 2020 All Rights Reserved.