""

9 トレンド判断

9.6 ダブルトップとダブルボトムのエントリーポイント

ダブルトップとダブルボトムとでは、最優力に考えるべきエントリーポイントが非対称である点に、特に注意が必要です。ダブルトップはその成立を予測してポジションを建てるのに対し、ダブルボトムはその成立を確認後に戻しを待ってポジションを建てます。下図で説明すると、ダブルトップでは、cを通る平行線付近がなんらかのレジスタンスに当たる場合に、出来高や歩み値の推移を観察しつつ、de間でダブルトップを予測しポジションを取ることを決断し、cと同水準のeに売り指値を置きます。一方ダブルボトムでは、オからの反発がエを通る水平線をカにてブレイクしたことを確認し、キク間にてその水平線がサポートに転じるのを予測してエと同水準のクに買い指値を置きます。

ダブルトップとダブルボトムのエントリーポイントを解説している。

なぜこのようにすべきかについては、主に二つの理由があります。

第一の理由は、前節以前で述べたように、ダブルボトムは、ダブルトップよりも成立する確率が低いため、より慎重なエントリーが求められるからです。

第二の理由は、ダブルトップは成立ラインを突破(f)後に揺り戻しが起こらず、一直線にそのまま下落していくケースが多くみられるのに対し、ダブルボトムは成立ラインを突破(カ)した後でも、一旦その成立ラインまでの戻し(ク)が入り、成立ラインがサポートに転じたことを確認する動きがしばしば観察されるからです。ダブルトップの場合、頂点付近でショートポジションを建てておかないと、その後の急進的な展開についていけず、価格の下落をただ眺めているだけになってしまう可能性があります。一方、ダブルボトムの場合は、形成に時間がかかる分、高い確立で戻しがあるため、時間的余裕をもってエントリーできます。

ただ、このようにすべきと理解できても、実行の際には心理的抵抗を感じるのが一般的です。というのも、これらのエントリーポイントは、人の自然な心理に逆らうものだからです。ショートは理論上は無限損失の可能性があります。そのため、ポジションをとってすぐに含み益にならないと強い不安を覚えます。言い換えると、同額で比較した場合、ショートの含み損の恐怖は、ロングの含み損の恐怖よりも強く感じるのです。そのため、ショートは下落トレンドがはっきりと表れてから入ろうとする一般的傾向がでてきます。つまりこの場合ですと、ダブルトップの成立を確認してからその後にショートを建てようとする傾向があります。頂点付近でショートを入れるということは、リアルタイムにおいては上がってきているチャートに逆らうことになりますから、この恐怖心が頭をかすめ萎縮してしまい、行動が遅れがちになるのです。しかし、天井圏での下落トレンドへの転換はしばしば急変によってなされます。底形成の時間よりも天井形成の時間の方が短く急であることがほとんどです。エントリーのみならず既存のロングポジションでも、順調に含み益が伸びているとほくそ笑んでいたら、突然に大量の売りが降ってきて一転して含み損になるという事態が起こりやすいということでもあります。

それに対し、ロングは理論上は損失が限定されます。また長期で見た場合、株式なら企業は時間的経過と共に成長していきますし、ビットコインもおそらくはそうでしょう。為替ならスワップが入ります。そのため、エントリーに際してある種の強気なマインドが姿を現しやすくなります。またロングの場合、中長期保有に転じることができる可能性がありますから、その意味でもなるべく有利な建値で取りたいという欲もでてきます。これがもっと発展すると、底値で買ったポジションを周囲に自慢したい気持ちに支配されてしまい、もはやマーケットと無関係な見栄に突き動かされた売買になってしまいます。光を散らしながら垂直に落ちていくナイフは時として美しく、それゆえに手を伸ばしそうなりますが、掴み取った後に掌に残るのは、その輝きではなく己の鮮血です。

ここは本能に逆らう行動が要求される場面です。利小損大のみならずどのような戦略を採ろうとも避けることはできません。また、チャート上頻発するパターンですので、常に意識しなければなりません。

重要なのは、ダブルトップとダブルボトムとは、単に図形が反転したものではないということです。ここが理解できていないと、相似したチャートを機械的に抜き出し条件反射的にエントリーし、後は運否天賦に任せるトレードになってしまいます。運は戦略とは最も離れた場所に位置する概念です。

Copyright© ORTHRUS STRATEGY , 2020 All Rights Reserved.