""

5 サポートとレジスタンス

5.2 心理的背景

「サポートとレジスタンスは原則として機能する」、これを前提として思考を出発させた方がよいことを前節では述べました。そこで、実際にサポートやレジスタンスに値が近づきそれが機能した場合には、参加者の間でどのような心理展開がなされているかのモデリングを試みます。もちろん、胸の内は各人で異なるわけですが、平均的にはある特定の心理傾向があるからこそサポートとレジスタンスは機能します。したがって、典型的な心理を理解しておけば、サポートとレジスタンスの信頼性をより正確に判断できるようになります。

あるサポートで小さな反発が起こったとします。その時、サポート付近でロングポジションをとった人は、「自分だけではなく他の多くのトレーダーもここがサポートとして機能すると考えているのだ」と感じ、自分の考えが正しかったとの確信を強めます。一旦の底値で買えただろうと考え即座には利益確定せず、暫くポジションを保持し利益を伸ばす行動に出るのが一般的です。場合によっては更なる買い増しにも前向きとなり、新たなロングの注文を入れることもあるでしょう。

それに対し、サポート付近でブレイクを期待しショートポジションをとった人は、焦りを感じます。「もしかしたら底値でショートしてしまったのではないか」との考えが頭の中を逡巡します。その中でも判断の早いトレーダーは、素早く損切りの注文、すなわち買い注文を入れてきます。もう少し様子をみようとするトレーダーも、被害の拡大を招きかねない売り増しは考えにくい場面です。

まとめると、ロングの人は買い増しを考え、ショートの人も損切りの買いを入れやすい情況です。つまり、サポート付近で起こった微かな反発の値動きは、それが呼び水となり更なる買い注文が連鎖的に入りやすくなるのです。この上更にサポート付近では様子見だった慎重派のトレーダーがトレンド転換と判断すればより一層の買い注文が入り、本格的に強い反発が生じサポートとして機能したことが確認されます。

このようなマーケット参加者の心理を背景としてサポート・レジスタンスは機能する以上、そう考える人の絶対数が多ければ多いほど信頼性は高まります。つまり出来高が重要となります。サポートとレジスタンス付近での価格帯別出来高が他の価格帯と比較して高ければ高いほど、サポート・レジスタンスとして機能する確率は高まることとなります。

ここで注意すべきは、サポート・レジスタンス付近で、大量の逆指値注文が入っているケースです。為替やビットコインの場合、これらの情報はオアンダ等で大まかに確認できます。この場合に、その大量の逆指値、つまり損切りを強制的に実行させることで更に値を伸ばし、伸ばしきったところですかさず逆ポジションをもとうとする勢力の存在がしばしば観察されます。

先の例でもう一度考えてみます。先ほどのサポート付近に大量の逆指値注文が観察される場合、巨大な資金力のあるトレーダーはこう考えます。「ここで大量のショートを入れてサポートをブレイクさせれば、大量の逆指値、つまりロングの損切りが発生しさらに勢いをつけて下落するだろう。そこでショートを利益確定させ同時にロングを入れれば、往復で利益をとることができる」と。そしてこれは大量の注文を素早く正確に処理する必要がありますから、必然的にAIの出番となります。つまり、一瞬の間になされます。

したがって、逆指値の損切りが実行された場合にどの程度落ちるかを予測してそこに指値の買いを入れておくことが個人トレーダーとしてはとりうる対処法になります。上手くいけば底値でポジションをとることができ、心理的にも安定した状態で利を伸ばすことができます。

Copyright© ORTHRUS STRATEGY , 2020 All Rights Reserved.